どんなに時代が変わっても、例えばビジネスのオファーや契約などのように、「ここぞ」というハナシは、やはり「会う」ことなしには始まりません。

私も秘書時代は、特に忙しい役員クラス(エグゼクティブ)ほど 忙しい時間をやりくりしながら、「ご挨拶だけでも」「5分だけでいいから」と精力的に「トップ外交」を希望され、アポイントメントをアレンジしたものでした。

やはり、人と人とが対面して会話をするという行為は「コミュニケーションの基本」であり、永遠になくならない「コミュニケーションの王道」なのだと痛感します。

もちろん、そこに美味しいお茶などがあれば、言うことなしです。

田中志保,プロ・セック,Pro-Sec,秘書,コミュ二ケーション・コンサルタント,エグゼクティブセクレタリー,研修,講座,セミナー,秘書実務,秘書教育,ホームページ,