東京、神奈川、千葉と3カ所を移動しながら、接客サービスに関する研修を担当しました。

今回の研修のひとつに、ステイタスが高いお客様が想定されるエリアで、クオリティの高い商品を品揃えする新店舗のオープン前研修がありましたが、このような場合「商品・お客様・スタッフによるサービス」のバランスが非常に重要だと考えます。

ですので、今回のように、接客における「新しいサービス」をアレンジするような場合には、私も、新店舗の近郊の街を歩き、競合他社の商品やお客様の様子を五感で把握し、求められるサービスのレベルを見定めます。

また、企業の接客サービスは、お客様のご満足に 直接大きな影響を与えるのはもちろんのこと、その企業のブランディングにも大きく影響するため、講師の独断ではなく、折に触れて 直接 拝聴する同社の経営トップの経営戦略やご意向を十分に踏まえた上で、取り組むことを心しています。

pro-sec, 田中志保,研修,接客,サービス,プロ・セック,講師,