本日は、103名の1年生を対象に、講演をいたしました。

同じ短大生でも、1年生と2年生とでは、受ける印象が 全く違います。

講演後、学生から回収されたフイードバックシートには、「自分がいる位置は、子供でもなく 大人でもなく 微妙だと思っていましたが、世間から見ると、一人の大人として見られているということが、しっかりとわかりました。」

また、「これからは、常に緊張感をもち、2年後は、社会の一員として働けるような大人の女性になりたいです。」等のコメントが、多く寄せられました。

kouen