4月中旬までは、さまざまな業種や職種の新入社員の皆さまを対象にした、新入社員研修が続きます。

主な内容は、やはり「コミュニケーション」と「仕事術」。

新入社員であっても、企業は「即戦力」であることを求めるため、研修内容も、座学中心ではなく、より実践的な「仕事の流れ」の「演習」を中心にカリキュラムを組むのが最近のトレンド。

企業も、ひと昔前のような、社会人としての心構えや、一般的なビジネスマナーだけでは満足しない時代のようです。

kousi2