ある企業より、全国の働く男女に聞いた「不要だと思うビジネスマナー」に関する調査結果が発表されました。

調査結果によると、そもそも不要だと思うビジネスマナーがあると答えた方は、若手よりもベテランの方が多く69.2%。

「不要なビジネスマナーランキング」のベスト5は、次の通りです。

1位:名刺交換の所作
2位:上座・下座の席次のルール
3位:言葉遣いや敬称のルール
4位:服装やメイク
5位:お辞儀ハンコ

1位の「名刺交換の所作」については、受け渡しをする際の両者の名刺の高さを始め、実に多くの決まりごとがあるため、煩わしいと感じている方が多いようです。

また、5位の「お辞儀ハンコ」とは、稟議書のように順番に回して印鑑をもらう際、目上の方のハンコにお辞儀をするように、角度をつけて押すマナーですが、今やこの慣習自体を知らない方も増えています。

とはいえ、マナーは円滑な人間関係の構築や維持に、実に大きな影響を及ぼす、他者への敬意を表わす手段のひとつ。

日本人らしい、日本の文化として、このマナーを継承するのか、無用の長物として葬り去るのか。

こればかりは、なかなか結論の出ない問題です。