平成30年に予定されていた新入社員研修が、全て終了しました。

本年の新入社員研修を通して新入社員に関して感じたことは、与えられた課題に対しては、非常に高い問題解決能力を発揮する新入社員が多かったということです。

本研修においても、一つの課題を解決するために要する時間は非常に短く、その際のチームワークの良さには目を見張るものがありました。

どうやら、上司からのお墨付きがなくても、仕事を任せてみれば、意外とできる世代なのかもしれません。

とはいえ、社会のルールや組織におけるコミュニケーションの取り方などは、非常に戸惑うところも多く、心配の種でもあるようです。

新入社員研修において、何を提供することが必要、かつ、最良なのか。

明年の春に向け、熟慮を重ねることといたします。