銀行さまが主催された公開講座を担当しました。

本講座は、新入社員や若手社員のビジネススキルやコミュニケーションスキルの強化を目的として開催されました。

ところが、実際には、若手社員の方々のご参加もさることながら、受講者の大半を占めたのは、中堅社員や管理職の皆さま。

そこで、今回ご参加いただいた理由をお尋ねしたところ、「後輩指導の前に、まず自分自身が力をつけたい」「若手社員への指導方法を学びたい」とのコメントが非常に多く寄せられました。

年齢も職種もキャリアも違う皆さまが、一堂に会し学びを深められるその光景は、まさにリアルな職場の現状であり、ダイバーシティそのもの。

本講座が、お互いの差異を感じ、その差異があるからこそ補い合うことができるということを、受講者の皆さまに現実に感じていただく機会となったことは、偶然が生んだ想定外の大きな成果であったと痛感しています。