4ヶ月にわたり、全社員の皆さまが受講される「コミュニケーション研修」がスタートしました。

今回、担当させていただくのは、海外にも拠点を置き、20数カ国と取引をされている業界屈指の実績を誇る企業さまですが、更なる発展のためにも全社員のコミュニケーションの強化をとの社長のご英断で、今回のプロジェクトが起動。

管理職や役員の方々との事前ヒアリングを重ね、現状把握や具体的な課題の洗い出しを経てカリキュラムを作成しました。

スタートとなる第一回目の研修を受講されたのは、社の大黒柱であり、要である管理職の皆さま。

「管理職に求められる情報の取り扱い方」や「パワーハラスメントと誤解されないコミュニケーションの取り方」、「部下との信頼関係を築くコミュニケーションの取り方」といったテーマの演習に取り組んでいただきました。

技術系の方々は、とかくコミュニケーションが苦手な方も多いと言われますが、受講された皆さんは、実にスキルが高く、素晴らしいロールプレイが続出。

皆さまのお姿に、改めて、管理職の責務と存在の大きさを痛感する研修となりました。