大手総合病院の秘書の皆さまを対象とした「ボスマネジメント(ボスとの人間関係構築術)研修」を担当しました。

上司の貴重な時間や情報を共に共有し補佐役を担う秘書にとって、ボスとのよりよい関係を築くための考え方やスキルを学ぶことは必要不可欠です。

ボスマネジメントで重要なことは、相手を変えようとするのではなく、まずは「自分が変わる」こと。

人はとかく相手を変えようとしがちですが、まずは、相手をよく理解し、「仕事の進め方のスタイル」を合わせることで、相手との「仕事の相性」は変えることができます。

そこで本研修では、いくつかのワークを通して、皆さまにボスへの理解を深めていただくと共に、自分のボスとさらに相性がよくなる「仕事の進め方」について、より具体的に明確化していただきました。

女性を取り巻く労働環境が大きく変わり始めた今、求められるのは「代理のきかない付加価値を生むことができる秘書」。

本研修での気付きや発見が、皆さまのさらなるご活躍につながることを期待しています。

2016-12-3